menu

仕事をするときは

ペットボトルで水を飲んでいる女性

うまくいかない人もいる

現在学生をしている人で、特に卒業間近な人はどんな仕事に就こうか色々と考えていると思います。
そもそも仕事をしたことがない人は、きっと将来に対してワクワクしていることでしょう。
学校とはまったく異なる環境で生活をスタートすることになりますので、楽しみで仕方がない状態だと思います。

しかし、現実というのはあなたが想像している以上に厳しいものです。
つまり学生を終えて理想的な生活ができる人がいる一方で、どん底のような生活を強いられてしまう人も必ずいます。
仕事というのは実際にやってみないと本当に続けられるのかどうかわかりませんし、また会社によって環境は全然違うので場合によってはすぐに辞めたくなってしまう人も出てくるでしょう。
だからあなたも、必ずしも楽しい未来を実現できるとはかぎりません。

特に就職を考えている人の場合は、たくさん落とされる経験をすると思います。
就職というのは基本的に誰にとってもハードルが高いことであり、一発でうまくいく人がいる一方で何度挑戦しても撃沈してしまう人がいます。
もしあなたが後者になってしまうのであれば、とりあえずアルバイトやパートとして仕事をするしかないでしょう。
でも安心してください。
そうなってしまっても、けして人生が終わるわけではありません。
ここで色々なアドバイスをしていきます。


問題はありません

人よりも誇れるようなものがひとつでもないと、なかなか就職を決めることは難しいと思います。
つまりなんの取り柄もない普通すぎる人は、どうしても就職活動の際に目立つことができません。
だからとりあえず甲府でアルバイトやパートを始めるのがいいでしょう。
なおアルバイトもパートもほとんど同じようなものなので、どちらでもかまいません。

ただ、どうしても就職したいと思っている人の場合は絶対にアルバイトとかパートなんてしたくない!という気持ちが強くあると思います。
就職したいのに非正規という形で仕事を始めるなんて、カッコ悪いと思ってしまいますよね。
でもけしてそんなことはありません。
むしろ就職が決まらない人ほど、一旦アルバイトやパートとして仕事を始めるべきだと思います。

それはなぜかというと、その職場で正社員に昇格することもできるからです。
ほとんどの職場では正社員登用をしてくれると思いますので、アルバイトやパートとして入ったとしても一生そのままになるとはかぎりません。
だから希望を捨てる必要なんてまったくないのです。

取り柄がない人の場合

アルバイトから正社員になるようにした方が、普通に就職活動をするよりもはるかに難易度は低くなるでしょう。
その理由は、上司や社長に自分のことをよく知ってもらえる時間を作ることができるからです。
つまり仕事を通じてさまざまなアピールをすれば、それによって昇格できるようになります。
一方で就職活動の場合、どうしても面接時でしかアピールすることができません。
面接なんてほんの一瞬の出来事なのでできるアピールに限りがありますし、そもそもどういう人なのかを100%面接を通じて相手に理解してもらうことは難しいといってもいいでしょう。
そのため面接を難なく制することができる人というのは、基本的に知識と経験がすごい人ばかりです。
だからそこでアピールできない人は、そもそも就職活動なんてするべきではないと思います。
どんな会社にも必ず優秀な人はひとりくらい応募してくるので、比較されたときに取り柄のない人はすぐに除外されます。

ではアルバイト先において、どのようなアピールを具体的にすればいいのか?
もちろんその詳細についてもあとで説明していきたいと思います。
これさえ読んでおけば、あなたもきっと難なく正社員に昇格できるようになるでしょう。

人気記事一覧

花の入ったバスケットを差し出す女性

「世の中の学生に、パートや就職に関するアドバイスをします」の人気記事です。

read more »

効率的なアピール手段

仕事を真面目に頑張っていても、なかなか報われないという人が多いと思います。だからここでは、どんな人にもできる上司や社長へのアピール方法について紹介していきます。これであなたもすぐに昇進できるはずです。